知らないとだまされる?外壁リフォームの基礎知識!

公開日:2023/02/15  


住宅の外壁は10年に一度のメンテナンスが必要とされていますが、何度も経験することではないため業者選びに悩む方も多いのではないでしょうか。また、依頼者の知識なないことを利用して、相場よりも高額な費用を請求するような悪徳業者がいるのも事実です。そこで本記事では、知っておきたい外壁リフォームの基礎知識について解説します。

外壁リフォームの必要性と最適な目安を知っておこう

住宅の外壁は美観を維持するのはもちろん、防水の役割を担っています。そのため、適切なタイミングでメンテナンスをしなければ、美観が損なわれるだけでなく、防水機能が失われて雨水が住宅内に侵入し、構造躯体が腐敗するなどのトラブルにつながることもあります。そのため、目安として外壁は10年に一度のメンテナンスが必要とされているのです。しかし、10年に一度というのはあくまで目安であり、外壁材の種類によって最適なタイミングが異なります。

まず、もっとも一般的な外壁材である窯業系サイディングは、7~8年に一度の塗り替えが必要です。砂とセメントを水で希釈して混ぜ合わせたモルタル壁も、7~8年のタイミングでメンテナンスを検討しましょう。さらに耐用年数の長い外壁材には金属系サイディングボードやALCボード、コンクリート壁などがあります。これらの外壁材は10~15年に一度のメンテナンスが推奨されています。ただ、塗り替え時期も目安であり、周辺の環境によってメンテナンスをしなければならない時期が短くなったり、長くなったりします。そこで、本当に最適なタイミングを判断するためにも、セルフチェックできるようになっておくことが大切です。

たとえば、目地のコーキングが割れていたり、チョーキングが発生していたりすると劣化が進んでいると判断できます。チョーキングとは、外壁に触れると白い粉が手に付着する状態であり、チョーキングを放置しているとクラックと呼ばれるひび割れが発生します。さらに、色が変色していたり、サビやコケが発生していたりするとメンテナンス時期といえるでしょう。普段外壁を細かくチェックすることはないかもしれませんが、数年に一度セルフチェックして異常がないか見ておくことが大切です。

悪質業者も存在する!業者選び時は注意しよう

外壁塗装を依頼する際、どこの業者に依頼すべきか悩む方も多いでしょう。そこで注意すべきなのが、中には悪徳業者がいるということです。数は多くないものの、悪徳業者がいるかもしれないと危機感を持っておくことで、騙されるリスクを軽減できます。そして、悪徳業者に騙されないようにするためには、どのような手口があるのかを知っておくことが大切です。

まず、所在地を曖昧にしている業者は疑いの目を持つようにしましょう。トラブルが発生したらすぐに逃げられるよう、所在地を曖昧にしている可能性があります。また、外壁塗装は高額なので安いに越したことはないと考えがちです。しかし、外壁塗装はそもそも大幅な値引きをできるものではないため、半額や足場代無料といったアピールをしているのはおかしい話だと考えましょう。本来は数日かかる作業を無理やり短くしていたり、作業員を減らして品質の悪い施工をしていたりするケースがあり、大幅値引きをしている業者はおすすめしません。

そのほか、工事が始まってから追加料金を請求してくる業者もあります。本当に必要な工事の場合は仕方がないですが、判断がむずかしい状況を逆手にとって価格を吊り上げようとしている可能性があります。どのような施工が必要なのか、本当に必要な工事なのか判断するためにも、詳しく説明してもらうようにしましょう。

外壁塗装の業者選びは重要!

一口に外壁塗装業者といっても、外壁塗装を専門にしているところもあれば、ホームセンターやリフォーム業者が対応している場合もあり、価格や技術が業者によって異なります。外壁塗装の仕上がりや技術の差は素人では判断しにくいため、安さだけで業者を選んでしまうと後悔することもあるでしょう。

たとえば、塗料を必要以上に希釈して使用していたり、構造部分の水分量を調査せずに施工を行い、後々大がかりなリフォームが必要になったりするケースがあります。そのため、外壁塗装に対応している業者がすべて同じであると考えず、本当に信頼できる業者かどうか慎重に見極めましょう。

業者を判断するポイントはいくつかありますが、過去の実績や口コミを見たり、スタッフの対応を確認したり、見積もりの内容を細かくチェックしたりすることが大切です。大切な住まいを守るためにも、基礎知識を持ったうえで業者に依頼するよう心がけましょう。

まとめ

外壁塗装が住宅の美観を守るだけでなく、防水機能を維持する役割もあります。そのため、外壁材の種類によりますが、10年に一度を目安にメンテナンスをするようにしましょう。ただ、周辺の環境や外壁材の種類によって劣化の状況が変わるので、セルフチェックをすることが大切です。外壁に触れたり、見たりすることでチェックできるので、数年に一度はチェックすることをおすすめします。また、外壁塗装に対応している業者がすべて同じであると考えず、本当に信頼できる業者かどうか見極めるのもポイントです。

おすすめ関連記事

SEARCH

READ MORE

リフォーム専門店MINEまいりほは、大阪に3店舗ある水回りに特化したリフォーム業者です。キッチンリフォーム・バスリフォーム・トイレリフォームはもちろん、屋根や外壁リフォームなどにも対応してい

続きを読む

株式会社イズモ工務店は、地域密着で住宅設計や施工・リフォームを行っており、自由度の高い注文住宅を建てられる会社です。「顔の見える家づくり」をモットーに、お客様の要望をしっかりとヒアリングして

続きを読む

リフォームを検討する際、床材の選択は、家の雰囲気や機能性を大きく左右します。適切な床材を選ぶことで、快適な居住空間を実現し、長期的な満足感を得られます。本記事では、リフォームにおける床材の選

続きを読む

快適な屋外スペースを自宅で手に入れたいと考えているなら、ベランダやバルコニーのリフォームがおすすめです。本記事では、ベランダ・バルコニーのリフォームについてくわしく解説します。自宅に、新たな

続きを読む

日常生活で収納スペースは貴重です。この記事では、床下収納を有効に活用し、整理整頓を実現する方法について解説します。無駄なスペースを生かし、機能的な収納を実現するアイデアや注意点についても紹介

続きを読む

洗濯は日常的な作業のひとつですが、手間を減らし、使いやすさを追求することで生活の質が向上します。そこで今回は、洗濯機置き場のリフォームについて解説します。洗濯機置き場の最適な配置、スペース確

続きを読む

快適な生活空間を手に入れるために、パントリーリフォームが注目されています。パントリーは食品や家電の収納スペースとして重宝し、キッチンを効率的に使うために有効です。どのようにしてパントリーを設

続きを読む

毎日、家族が利用する玄関ドアは意外に劣化が進んでいる部分でもあります。また、劣化が進んでいても気が付きにくい部分でもあり、知らないうちに壊れている可能性があるでしょう。本記事では、意外に老朽

続きを読む

マンションに長く住んでいるとリフォームが必要になります。当然マンションの家主であれば、どこでもリフォームできると思っているかもしれません。ところがマンションはいくら家主であってもリフォームで

続きを読む

トイレのリフォーム・リノベーションを検討している人は、リフォーム業者の数が多く、どこに依頼すべきか悩んでしまうでしょう。今回はトイレリフォームにおすすめの業者として「四つ葉リフォーム」「サン

続きを読む