便利な収納スペースを手に入れる!パントリーリフォームのポイント

公開日:2024/02/15  

パントリー

快適な生活空間を手に入れるために、パントリーリフォームが注目されています。パントリーは食品や家電の収納スペースとして重宝し、キッチンを効率的に使うために有効です。どのようにしてパントリーを設置するのが最適でしょうか。この記事では、便利な収納スペースを手に入れるためのパントリーリフォームのポイントを解説します。

便利な収納スペース!パントリーとは

パントリーとは、日本語で「食品庫」を意味し、食品や家電を収納するスペースのことです。便利な収納スペースを確保する手段として、キッチンリフォームにおいて人気を集めています。

パントリーは大きく分けて、壁面設置タイプとウォークインタイプの2種類があります。壁面設置タイプは、キッチンの壁沿いに棚を配置するタイプで、省スペースで費用が抑えられるのが特徴です。比較的狭いスペースにも設置可能で、キッチンリフォームをする際によく選択されます。

一方、ウォークインタイプは、人が歩いて入室するほどの広さがあり、キッチンをすっきりと見せられるのがメリットです。食品だけではなく、食器棚や冷蔵庫なども収納可能で、キッチンをスタイリッシュに見せたい場合におすすめです。

パントリーは冷蔵室ではないため、収納するのは常温保存できる物に限られます。よって、根菜類やお米、缶詰、レトルト食品などがパントリー収納に向いています。食品を効率的に収納し、キッチンの使いやすさを向上させるために、便利なパントリー導入を検討してみてください。

新しいパントリーを設けるメリット・デメリット

パントリーを設置することには、いくつかのメリットとデメリットがあります。キッチンの使い勝手向上や収納スペースの増加など、多くのメリットがありますが、適切なスペースの確保や管理が必要です。慎重に検討し、自分の生活スタイルに合ったリフォームを行いましょう。

メリット

パントリーの設置により、調味料や食器などの収納が効果的にでき、作業スペースを確保できます。効果が高いのは収納スペースの増加です。

キッチンには、調味料や食器の他にも、鍋やフライパン、さらにホットプレートや電子レンジなどの調理家電を設置しなければなりません。パントリー導入により効果的にものを片付けられるため、キッチンを機能的に使用可能です。

また、パントリーがあれば、買いだめしやすくなります。大容量の食品や飲料などをストックできるため、キッチンの作業スペースが空き、使いやすくなります。

調理家電や調理器具などもパントリーに収納することで、キッチンの使い勝手がさらに向上するでしょう。

デメリット

パントリーを設置するには、適度なスペースが必要です。スペースが不足している場合、逆にキッチンが狭く感じられる場合があります。スペースがないのにパントリーを設置すると、キッチンの使い勝手が悪くなり、本末転倒です。

また、パントリーの管理は必須です。食品を買いだめしすぎると収納が煩雑になり、使いにくくなる場合があります。

食品の傷みやカビ、害虫対策も必要です。換気扇や窓などの設置により対策しなければなりません。

キッチンを効率化するパントリーリフォームのポイント

パントリーを設置する際には、注意すべきポイントがあります。これらを把握し、適切に実行することで、キッチンの使い勝手を向上させられ、快適に利用できるでしょう。

まず最も重要なのは、パントリーの設置場所を決めることです。家の間取りやキッチンの位置を把握し、2種類のうち、どちらのタイプが使いやすいかを考慮する必要があります。パントリーのスペースを広く取りたいと思っても、キッチンから遠すぎる場所に設置してしまうと、取り出しに時間がかかるからです。

また、棚を可動式にすることも検討してみましょう。パントリーの棚を可動式にして、高さを調節できるようにすると、仕分けしやすくなり、デッドスペースの発生を防げます。

さらに、パントリー内の温度管理も重要です。日が当たる南や西側は避けて設置しましょう。

直射日光や高温は食材にとって有害です。日が当たりにくい北側が最もパントリーに適しています。

奥行きについても注意が必要です。奥行きが深すぎると、奥に置いたものが取り出しにくくなります。収納力は増しますが、管理が難しくなるので、パントリーの奥行きは30~45cmがおすすめです。

これらのポイントを考慮して、適切なパントリーリフォームを行うことで、キッチンの効率性を向上させられます。

まとめ

パントリーとは、食品庫という意味をもち、キッチン周りの収納スペースとして使われます。パントリーのリフォームは、キッチン周りの収納スペースを最適化し、快適な生活を実現する手段です。

まず、適切な場所にパントリーを設置することが重要です。家の間取りやキッチンの配置を考慮し、使い勝手の良い位置を選びましょう。

可動式の棚を採用すると、仕分けやすくなり、スペースの有効活用ができます。

さらに、温度や湿度にも注意しましょう。奥行きは適度な幅に設定し、使いやすさと収納効率を両立させることがポイントです。

これらのポイントを踏まえて便利な収納スペースを手に入れましょう。

おすすめ関連記事

SEARCH

READ MORE

リフォーム専門店MINEまいりほは、大阪に3店舗ある水回りに特化したリフォーム業者です。キッチンリフォーム・バスリフォーム・トイレリフォームはもちろん、屋根や外壁リフォームなどにも対応してい

続きを読む

株式会社イズモ工務店は、地域密着で住宅設計や施工・リフォームを行っており、自由度の高い注文住宅を建てられる会社です。「顔の見える家づくり」をモットーに、お客様の要望をしっかりとヒアリングして

続きを読む

屋根リフォームは家の外観だけでなく、機能性を高める重要な工事です。しかし、どのように進めればよいのか、何を基準に業者を選べばよいのか、多くの疑問があります。この記事では、屋根リフォームの種類

続きを読む

リフォームを検討する際、床材の選択は、家の雰囲気や機能性を大きく左右します。適切な床材を選ぶことで、快適な居住空間を実現し、長期的な満足感を得られます。本記事では、リフォームにおける床材の選

続きを読む

快適な屋外スペースを自宅で手に入れたいと考えているなら、ベランダやバルコニーのリフォームがおすすめです。本記事では、ベランダ・バルコニーのリフォームについてくわしく解説します。自宅に、新たな

続きを読む

日常生活で収納スペースは貴重です。この記事では、床下収納を有効に活用し、整理整頓を実現する方法について解説します。無駄なスペースを生かし、機能的な収納を実現するアイデアや注意点についても紹介

続きを読む

洗濯は日常的な作業のひとつですが、手間を減らし、使いやすさを追求することで生活の質が向上します。そこで今回は、洗濯機置き場のリフォームについて解説します。洗濯機置き場の最適な配置、スペース確

続きを読む

快適な生活空間を手に入れるために、パントリーリフォームが注目されています。パントリーは食品や家電の収納スペースとして重宝し、キッチンを効率的に使うために有効です。どのようにしてパントリーを設

続きを読む

毎日、家族が利用する玄関ドアは意外に劣化が進んでいる部分でもあります。また、劣化が進んでいても気が付きにくい部分でもあり、知らないうちに壊れている可能性があるでしょう。本記事では、意外に老朽

続きを読む

マンションに長く住んでいるとリフォームが必要になります。当然マンションの家主であれば、どこでもリフォームできると思っているかもしれません。ところがマンションはいくら家主であってもリフォームで

続きを読む