リフォームを行う具体的なメリット・デメリットについて知っておこう!

公開日:2021/10/01   最終更新日:2021/10/21

家が老朽化してきた時の対策として、リフォーム・リノベーション・建て替えと3つの方法があります。どれを選ぶのかによって工期や費用が大きく変わりますが、リフォームの場合はどんなことができるのでしょうか?今回の記事では、リフォームを行う具体的なメリットやデメリットについて、解説します。チェックして、知っておきましょう。

リフォームを行うメリット

ここではリフォームを行うメリットについて、まとめています。リフォームを行うことには、どんなメリットがあるのでしょうか?

今までの家の雰囲気を残せる

リフォームする何よりのメリットは、「今までの家の雰囲気を残せること」です。

一般的にリフォームが必要な家とは、長く住んで老朽化した家となります。住み慣れた愛着もあるため、建て替えやリノベーションといった大規模な工事をすると、家の雰囲気そのものが変わってしまいます。

よって、住み慣れた家の雰囲気を残したいなら、リフォームに留めることがおすすめです。

工期が短く、予算も安く済む

リフォームのよいところの1つに、「工期が短く、予算も安く済む」という点が挙げられます。

たとえば、「トイレの床タイルが剥がれた」「お風呂の水はけが悪く、カビが生えてしまった」などの場合、放置するとより劣化のスピードが早まってしまいます。このようなケースでは早急に対処が必要なので、工期の短いリフォームがオススメです。

また、リフォームでは家の一部を改修するだけなので、予算も建て替えやリノベーションに比べると安いです。

仮住まいを借りる必要がない

リノベーションや建て替えは家全体を作り変えるため、工事に時間がかかります。当然ですが、工事が終わるまでは家の中に入れないため、仮住まいを借りる必要があります。

引っ越しをする手間が発生するのはもちろん、生活している間の家賃も必要となるため、それ自体がストレスになってしまう方もいるでしょう。また、仮住まいとはいえ、快適に暮らせる部屋を近場で探す手間もかかってしまいます。

その点リフォームは工期が短く、早ければ1日で工事が終わります。「仮住まいを借りる必要がない」といった点も、リフォームの大きなメリットといえるでしょう。

リフォームを行うデメリット

では、逆にリフォームを行うデメリットとは、何でしょうか?それは、以下2つとなります。

大がかりな変更ができない

リフォームの目的は、基本的に「原状回復」です。お風呂やトイレなど、一部分の改修のみとなるため、間取りの変更など大がかりな変更ができません。たとえば、家族が増えたので部屋の数を増やしたい、事情があって間取りを変えたいとなると、リノベーションをする必要があります。

場合によっては高くつく

「家の内部構造や基礎部分を強化する」という工事もありますが、これをリフォームでやってしまうと、場合によってはリノベーションや建て替えよりも高くついてしまいます。

おまけに劇的な変化は見られないため、何となく損したような気持ちになってしまうでしょう。よって、リフォームとリノベーションは、うまく使い分ける必要があります。

リフォームの具体的な流れ

1口にリフォームといっても、大がかりな工事だと2~3ヶ月かかることもあります。リフォームは、具体的にどんな流れで進めていくのでしょうか?

リフォームの流れ

まず、「リフォームしたい箇所」はどこなのか?を洗い出し、整理します。その後リフォーム会社を選び、現地調査に来てもらった上で打ち合わせを行います。必要なら、複数社に見積もりを出してもらいましょう。その中で一番納得できる会社と契約し、工事に入るのが基本的な流れです。

費用の相場について

リフォームする場所によって、費用は大きく変動します。たとえば、水回りならお風呂やキッチンがとくに高く、100万円~150万円が相場とされています。

これに対し、「介護を目的としたリフォーム」なら手すりの設置などに留まるため、10万円以下とかなり安価で工事できる場合もあるのです。まずどこをリフォームしたいのか?を明確にした上で、調べてみましょう。

減税・助成金・補助金

実は、条件さえ満たせばリフォームに向けた減税や助成金、補助金といった恩恵を受けることができます。たとえば、リフォーム後の確定申告で所得税の控除が受けられ、省エネ・バリアフリー・耐震を目的としたリフォームなら5~20万円の補助金が受け取り可能です。

また、助成金は自治体や国から支給されるお金ですが、原則返済する義務がないものです。こちらも条件さえ満たせば支給されるため、必要に応じて最寄りの役所などで確認しましょう。

 

リフォームを行う具体的なメリット・デメリットについて、紹介しました。工期も短く済むうえ、長く暮らした家だからこそ「これまで馴染んできた雰囲気を残したい」といった場合にリフォームはオススメです。

ですが、大がかりな変更ができないうえ、場合によってはリノベーションより高くついてしまうこともあるため、注意が必要です。そして、国や自治体から受けられる恩恵もあるので、忘れずに必ずチェックしておきましょう。

おすすめ関連記事

SEARCH

READ MORE

リフォーム専門店MINEまいりほは、大阪に3店舗ある水回りに特化したリフォーム業者です。キッチンリフォーム・バスリフォーム・トイレリフォームはもちろん、屋根や外壁リフォームなどにも対応してい

続きを読む

株式会社イズモ工務店は、地域密着で住宅設計や施工・リフォームを行っており、自由度の高い注文住宅を建てられる会社です。「顔の見える家づくり」をモットーに、お客様の要望をしっかりとヒアリングして

続きを読む

屋根リフォームは家の外観だけでなく、機能性を高める重要な工事です。しかし、どのように進めればよいのか、何を基準に業者を選べばよいのか、多くの疑問があります。この記事では、屋根リフォームの種類

続きを読む

リフォームを検討する際、床材の選択は、家の雰囲気や機能性を大きく左右します。適切な床材を選ぶことで、快適な居住空間を実現し、長期的な満足感を得られます。本記事では、リフォームにおける床材の選

続きを読む

快適な屋外スペースを自宅で手に入れたいと考えているなら、ベランダやバルコニーのリフォームがおすすめです。本記事では、ベランダ・バルコニーのリフォームについてくわしく解説します。自宅に、新たな

続きを読む

日常生活で収納スペースは貴重です。この記事では、床下収納を有効に活用し、整理整頓を実現する方法について解説します。無駄なスペースを生かし、機能的な収納を実現するアイデアや注意点についても紹介

続きを読む

洗濯は日常的な作業のひとつですが、手間を減らし、使いやすさを追求することで生活の質が向上します。そこで今回は、洗濯機置き場のリフォームについて解説します。洗濯機置き場の最適な配置、スペース確

続きを読む

快適な生活空間を手に入れるために、パントリーリフォームが注目されています。パントリーは食品や家電の収納スペースとして重宝し、キッチンを効率的に使うために有効です。どのようにしてパントリーを設

続きを読む

毎日、家族が利用する玄関ドアは意外に劣化が進んでいる部分でもあります。また、劣化が進んでいても気が付きにくい部分でもあり、知らないうちに壊れている可能性があるでしょう。本記事では、意外に老朽

続きを読む

マンションに長く住んでいるとリフォームが必要になります。当然マンションの家主であれば、どこでもリフォームできると思っているかもしれません。ところがマンションはいくら家主であってもリフォームで

続きを読む